2020年から約200年後の未来からタイムスリップしてしまった。自称美少女女子高生陰陽師のめぐる。
 そこで出会った天狗の娘、鈴女《すずめ》を助けるが。何故か鈴女が戦っていた、自身を大妖怪鵺を名乗るボディコン姿の妖怪……めぐる曰く、鵺のねーちゃんとの戦いに巻き込まれる。

 成り行きで鈴女に加担し…

 あたしは美少女(←自称)陰陽博士おんみょうはくしのめぐる! 陰陽師でもいーわよ! あ、因みに16歳よ。

 あたしはあたしのうちで起きている『姫神様』の仕業で2020年へとタイムスリップしちゃったのよね……本当ホントは2020年から約200年くらいあとの時代に生きてるんだけど……。

 

 あたしはいつも通り、学園の裏山で自主的に修行してたの。でも、その途中で訳の分かんない目眩に襲われて、目を閉じてしゃがんで、目を開けると、そこはもう、見知らぬ山の中に居たのよ。

 『姫神様』を問い詰めると、あたしには2020年でやらなきゃならない事があるみたい。


 その証拠に僧兵そうへいみたいな格好をした天狗の娘、鈴女すずめと出会ったの。


 鈴女は最初、瀕死の状態だったけど、あたしの式神しきがみの力で無事回復したのよ。


 そこから何故か、鈴女が戦っていた自身を大妖怪ぬえと名乗るナイスバディ(死語かな?)なボディコン姿のねーちゃん。あたし曰く、鵺のねーちゃんとの戦いに巻き込まれちゃった。


 成り行きで鈴女に加担しちゃったけど、あたしの弓を使った弦打つるうちとかの退魔たいまじゅつや鈴女の戦闘力の高さもあって、どーにか鵺のねーちゃんに打ち勝ち、鈴女のにーちゃんとも合流して、鵺のねーちゃんをほぼ無傷で捕らえることが出来たの。

 でも、あたしはここで、未来に帰らなきゃならなかった……。


 鈴女は『姫神様』やあたしとの別れを惜しんでくれたけど、『姫神様』の予定だと、どーやらあたしはまた、2020年へとタイムスリップしなきゃならないみたい。

 

 ――と、あたしは漸くそこで気付いた。

 2020年前後。この辺りの時代って確か、歴史の裏側では妖怪同士の大戦争おおいくさが始まっていたってゆーことに。


 なんでも地獄から這い出て来た鬼神きじんが、人間の数を減らすべく、妖怪達を先導していくさを始めたそうで。


 未来に帰ってから、お様に連絡を取って話を聞くと、『鈴女と言う名の天狗の娘が相棒の鵺と共に、鬼神を地獄へ追い返したとか倒した』とかなんとかそんな話が伝わっているのは間違いないらしい。


 あたしはまた、あの辺りの時代に行かなきゃならないんだけど、『姫神様』の予定だと、どーやらそれはもう少し先にの話になるそーなのよ。


 あ、それからここ大事! 鈴女は天狗だけど、いわゆる修験者しゅげんしゃ冥府魔道めいふまどうちた妖怪の天狗じゃなくて、山神やまがみの使いたる精霊の一種である天狗の力を受け継いだ、半分人間で半分天狗ってゆー存在だったの。

 ここは鈴女の為にもちゃんと覚えておいて欲しいわ!