内気で真面目な優等生だった幼少期。

不登校を経験し、自傷行為を覚えた中学生。

母に頭を抱えた高校生。

“ちゃんとすること”ができなくなった大学生。

好きだったことが自分を追い詰めた専門学生。

いつだって、嫌悪感は自分に向いていた。
私が弱いから、根性なしだから、ちゃんとできないのだ。


内気で真面目な優等生だった幼少期。


不登校を経験し、自傷行為を覚えた中学生。


母に頭を抱えた高校生。


“ちゃんとすること”ができなくなった大学生。


好きだったことが自分を追い詰めた専門学生。


いつだって、嫌悪感は自分に向いていた。

私が弱いから、根性なしだから、ちゃんとできないのだ。

自分が、嫌いだ。


夜の街に呑み込まれて我を失い、何者でもなかった自分。

たくさんの回り道をして、それでも幸せに向かっていると信じたい。

消えたいと何度も思うのに、未来への淡い期待は、まだ私をこの世に執着させている。


これは、私が死ぬまで、完結しない物語だ。