勇者に妻を寝取られたドラゴン召喚士

作者LA軍

 ドラゴン
 それ最強なり。

 ドラゴンを使役するもの
 その者最強なり。

 ドラゴンを倒すもの
 その者勇者なり。

 ドラゴンを倒すものを、倒すもの
 それはまさに……。


 元最強のドラゴン召喚士とよばれた身でありながら、勇者に召喚に必要な呪印を潰され、妻を寝取られたナセル・バージニア…

物語全体のあらすじ


魔王が猛威を振るう世界


立ち向かう国はただひとつ。

単身で魔王と戦う戦闘国家があった


かつて勇者が作ったとされる王国は、勇者の意志を受け継ぎ長年魔王の南進を食い止めていた

そして、王国ができて千年がすぎた。


主人公ナセル・バージニアは王国に努める兵士であった。

それもタダの兵士ではなく、最強の召喚獣ドラゴンを使役できる最強の召喚士でもあった。

しかし、前線での激戦により負傷し、軍を引くことになった。


軍を引いたナセルは元上司の勧めで冒険者として活動することになった

最強の召喚獣を使役するナセルはメキメキと活躍し、A級の冒険者になる。そして、そのナセルに惹かれたのが後の妻アリシアであった。

二人は自然に恋をし、そして結婚した。


家庭を築き、幸せに暮らしていたナセル達。

しかし、ある日のこと魔王軍との戦いに苦戦していた王国に一人の青年が降臨する。

彼こそがかつての伝説の再来「勇者」その人であった。

勇者の出現に沸き返る王国。

そして、厚遇する国王やギルドマスターに教会


彼等は冒険者として一流のナセルに勇者を預けた。

しかし、それがナセルにとっての悪夢のはじまりであった。


勇者はナセルの不在時を狙って妻アリシアと姦通し、あまつさえその妻を欲してナセルを嵌めてアリシアを奪った。

その過程を確実とするためにナセルに冤罪を被せて、彼の両親を処刑し、元上司を焼き殺し、残された義妹を前線に売り飛ばした。


全てを失ったナセルは更には『ドラゴン』を召喚する呪印すらも焼き潰され『ド#$%』となった呪印のまま王都に撃ち捨てられた。


復讐に燃えるナセルはどん底から立ち上がり、『ド#$%』を呼び出す。

それはかつての「ドラゴン」ではなく、文字が変質し、「ドイツ軍」として変化した召喚獣であった


圧倒的武力と技術力で敵を次々に打ち倒すナセルとドイツ軍。

そして、ついにギルドマスター、教会、国王を打ち───そして、勇者に立ち向かうナセル。


ドイツ軍とともに駆け抜けるかつての最強の男は妻アリシアの前に最後に立つ……。





この作品は「勇者に妻を寝取られたドラゴン召喚士〜元最強は復讐を誓う~」をシナリオ化したものです。

https://maho.jp/works/15591074771453131237