僕はあの夜、青空を見つけた

作者岸本歩子

主人公の啓護は、夏休みに祖母の家で暮らすことを余儀なくされる。
そこは田舎で、そこで暮らす村人たちは様々な『村の掟』に縛られていた。

啓護は犬の散歩中、山の中で迷子になってしまう。
村人の外出を禁じる『午後九時のサイレン』が鳴ったとき、祠の前で青い目をした少女に出会う。

その少女はどうやら『玉…