ウェアウルフとヴァンパイアの熾烈な覇権闘争から数百年後―――。
 無口な高校生、狼谷伊月はウェアウルフの血を引き、人の肉を喰らう本能と強暴な歯牙、そして初恋の人間を喰い殺す慣習【恋噛みの儀】だけを授かって生まれてきた。

 暴虐非道な己の存在を忌み嫌う伊月は目立たず気を惹かず、世界の有り触れた住…

 ウェアウルフとヴァンパイアの熾烈な覇権闘争から数百年後―――。


 無口な高校生 狼谷伊月はウェアウルフの血を引き、人の肉を喰らう本能と強暴な歯牙、そして初恋の人間を喰い殺す慣習【恋噛みの儀】だけを授かって生まれてきた。

 暴虐非道な己の存在を忌み嫌う伊月は目立たず気を惹かず、世界の有り触れた住人として平穏な日々を過ごしていた。


 そんなある日、ひょんな事から同級生の鬼塚苺が何者かに襲われている場面に遭遇してしまう。

 理性と本能との狭間で揺れ動き、そして過剰な暴力で苺を助け出した伊月だったが彼女にもある重大な秘密があり―実は彼女は吸血鬼の血族だったのだ。


 彼女と共に親族や両家のしがらみから逃げることになった伊月は、決死の覚悟で唯一の理解者である叔父の元へと向かう。