魔法のiらんどコミックシナリオ大賞(死に戻り聖女様は、悪役令嬢にはなりません! 〜死亡フラグを折るたびに溺愛されてます〜)

作者あさぎかな

「エルドラド帝国皇太子ヴィンセント=シグルズ・ガルシアは、アイシャ=キャベンディッシュと本日をもって婚約破棄をここに表明いたします」

 主人公アイシャは帝国皇太子からの悪役令嬢と罵られ、婚約破棄。そして貴族から平民へ。
数年後には魔物大量発生なる原因を作ったとされ《裏切りの大魔女》として絞首刑台…

全体のあらすじ


「エルドラド帝国皇太子ヴィンセント=シグルズ・ガルシアは、アイシャ=キャベンディッシュと本日をもって婚約破棄をここに表明いたします」


 主人公アイシャは帝国皇太子からの悪役令嬢と罵られ、婚約破棄。そして貴族から平民へ。

数年後には魔物大量発生なる原因を作ったとされ《裏切りの大魔女》として絞首刑台に送られて死を迎える。《黒の預言書》に抗おうとするも、味方は誰もおらず処刑されて死んだ。

しかし死んだはずのアイシャは、運命の分かれ道となる十二歳にまで戻っていた。絞首刑の未来をなんとしても阻止しようと考え、行動する。


魔物討伐遠征で騎士団と魔人族の両方を救う。

皇帝陛下と教皇聖下の死を回避。

キャベンディッシュ家を廃嫡に追いやる。

悪役令嬢となる前に、ヴィンセント皇太子との婚約破棄。

数年後に魔物が大量発生するので内乱の鎮圧。

魔物に対抗する戦力と治療……!? とやる事が多すぎる。


最悪の未来を防ぐため行動を起こした結果、魔人族の長レオンハルトに気にられ、執事としてアイシャを溺愛。

師として尊敬していたベネディックトゥス教皇は若返り──なんと求婚を迫る! 

アイシャを処刑台に送った張本人のルークと意外な出会いを果たし、商売相手として一目置かれ始める。


運命を変えることを拒絶するかのように、魔神王が現れる。その依代として選ばれた器は、アイシャのよく知る人物だった──。




「死に戻り聖女様は、悪役令嬢にはなりません! 〜死亡フラグを折るたびに溺愛されてます〜」の元の作品のRULはこちら↓↓

https://maho.jp/works/15591074771453232719