きみがその気なら【完】

作者高野 麦

わたしの飼い主は王子様みたいにきれいな男のひと。「俺だけのメグでいてね」淡い色の瞳には狂気が透けて見えた。