ある家から火災が起きる。
2人の焼死体を発見。司法解剖の結果
一酸化炭素中毒ではなく刺殺されてから火を放った模様。
それは物取りによる窃盗犯か、どちらかによる無理心中か?
家が燃える直接、帰宅した長女、大倉雪美に事情聴取をする。
ただ彼女には過去に2回中学の担任のと親友の事故死が絡んでいる。今回も…

ある家から火災が起きる。

2人の焼死体を発見。司法解剖の結果

一酸化炭素中毒ではなく刺殺されてから火を放った模様。

それは物取りによる窃盗か、どちらかによる無理心中か?

家が燃える直前に帰宅した長女、大倉雪美に事情聴取をする。

ただ彼女には過去に2回、中学の担任と親友の事故死が絡んでいる。今回も偶然なのか?

参考人として大倉雪美に話を聞く板倉だが大倉雪美の「人間性」が無い事に不気味と恐怖を覚える。

事情聴取の際に大倉雪美の妊娠が判明した途端、大倉雪美は「この子を育てるつもりはありません。だって気持ち悪いから。出産まで長い長いお通じだと思って我慢します。」とただ静かに答える大倉雪美。

数カ月後に大倉雪美は死産するが涼し気に

「スッキリした。」と言うのかと思いきや

「やっと持てたのに…」と呟き精神病院に入院する。

「やっと」とは?

「持てたのに」とは?

板倉は単独で捜査する。

そして

大倉家にはそれぞれの感情があった。