Limonium sinuatum【完】

作者ねあ.

転校、嫌がらせ、恋愛、家族、死。
人は生きていると、数々の壁にぶち当たる。

たくさんの悩みを持ち自分を見失っていく主人公・及川さくらは、
ある日不思議な少年と出会う。
その少年との出会いは吉と出るのか凶と出るのか。

自分の存在、人との出会いや別れ、生きること、そして数々の経験には何の意味がある…

家庭の事情で転校することになった及川さくらは、

周りの出来上がっている雰囲気に入って行けず、1人孤独を感じていた。



何もかもが嫌になっていたある日、不思議な少年と出会う。

”偶然”起きたこの出会いになんの意味があるのか。



人はたくさんの悩みをどう解決していくのか。

彼女はどうやってたくさんの思いを乗り越えていくのか。



これは1人の少女と、1人の少年が出会ったことで起きる、

作者実話をモデルとした涙の成長ストーリー。



※ストーリーをわかりやすくするために、

少々話を大きく書いている点があります。


そちらは最後のあとがきに書かせていただいているので、

本編の後にお読みください。(ネタバレ要素あり)



※拙い作者が書いております。

温かい目で見守っていただけると嬉しいです。



2020.09.27 完結