七月十五日
 私『朝比奈向日葵』は自殺しようと歩道橋からの投身自殺をしようといた。
「ここから落ちれば……楽になれる」
 体を傾け、人生の幕を閉じようとしたが……体は落ちず、代わりに襟元を後ろから引っ張られていた。後ろには、同じ学校の制服を着た男子生徒がいた。
「月島夢ね。女みたいな名前だけど、男…

月光に咲く向日葵