高校1年の華は明るい美術部員だった。だがある日を境に笑えなくなる。
彼女がまた笑える日は来るのか。
小説と華の青春のせかいのお話。