婚約破棄された夢見の聖女の強かな生涯

作者登龍乃月



「キャロライン・リーブスランド! 君との婚約は無かった事にしてもらう! 分かったらさっさと私の前から消え失せろ!」

 ある夜、婚約者であるケーニッヒ王子に招かれた舞踏会の最中に、突然の婚約破棄宣言をされるキャロライン。
 ありもしない話を真実のように語るケーニッヒ王子の傍らには、怪しげにほく…

未来予知は運命の岐路を替え。


変わった運命はさらなる分岐を生み出していく。


未来を知るという能力は良きか悪しきか。


人の範疇を超えた力に。


身に余る権力に。


傲慢な悪魔に。


純真な王子の運命に。


自国の行く末に。


振り回されても逃れる事は出来ない。


それはまるで終わらないワルツ。