たとえ好きだと言えなくても

作者伊花芽莉

誰よりも私を愛してくれたのは、決して結ばれることのない人でした。

大好きな人が私に望んだのは、別の男の子と幸せになる事ー。

::::::::::::::::::::::::::