さようなら屋根のあるお家

作者木遥

役者を目指している志維菜がアパートに帰ると、キャミソール一枚の姿で隣人の扉を叩く女性に遭遇する。衝撃の出会いを果たした夢を追う二人は、成り行きで同居することになる。