嗚呼、青春のホリゾントライト!

作者成井露丸

 高校演劇部での最後のチャンス「秋の府大会」で失態を演じて青春にピリオドを打ってしまった宮守昴(みやもりすばる)。卒業して一年以上が経った大学二年生の夏のある日、高校時代の恩師で演劇部顧問の山川先生から「後輩の指導をしてくれないか?」と電話がかかる。山川先生に病気が再発、入院していて、指導者が不在…