中学生の時、女子選手ながら最優秀選手に輝いた天才投手が高校に進学して周りの男子の体つきや成長具合に自分の限界を感じ、野球から逃げるように日々を送っていた。日課のキャッチボールも祖父が亡くなったことで完全に野球と疎遠になってしまう。そんなときこの春入学した光栄大学の野球グラウンドから普段聞こえてこ…