守護霊にダメ出しされて恋をすることになりました【コミックシナリオ】

作者Ruma

この作品は小説『守護霊にダメ出しされて恋をすることになりました』を小説化したものです。
https://maho.jp/my/works/15591074771453329889

         物語全体のあらすじ


璃音は夏休みも家にひきこもりオタ活を楽しんでいたが、ある日突然、守護霊だというウルに話かけられ現代での堕落っぷりをダメ出しされる。璃音の前世は自然と科学が融合した高度な文明をもつイラロ大陸に住むアネラという女性だった。アネラはイラロ大陸で神官を司っていて、高い能力を持つ巫女のような存在だった。

彼女は貧しい人々や孤児の為に生涯をかけて貢献し間違いなく解脱できるはずだったが、人に尽くす余り恋愛することが出来なかった。


アネラにはカノアという好きな人がいたが、自分の気持ちを隠していた。聖人レベルまで達した魂でも恋愛をしなければ解脱することは出来ない。ある時、病にかかり自分の命が長くないことを知りアネラはカノアに思いを告げようとするが、その前に亡くなってしまう。その為、生まれ変わった璃音のテーマは恋愛だ。運命の人と出会って恋愛しないと解脱することができない。しかし璃音はアニメにしか興味がない。


イラロ大陸は宇宙船のように大陸ごと移動ができ、ある事情により時がくるまでゲートが封印され今は海の底に眠っている。ゲートの封印を解くには神官であった璃音の覚醒が絶対条件だった。その為には恋愛をしなければならない。まだ先だったが最近になって緊急にゲートを開く必要が出てきた。アネラが新しい守護霊になり、璃音の恋愛を導いていくことになる。

アネラとの生活は新しい友達ができたみたいで璃音は楽しんでいた。


ある日、アネラが学校でスペイン語を話したことをきっかけに、同じクラスのイケメンの七瀬と仲良くなる。最初はとまどっていた璃音だが、次第に七瀬に惹かれていく。

放課後、サッカー部のマネージャーの中村先輩と七瀬が話をしているところへ偶然、璃音が通りかかった。

先輩は璃音のことが好きなのかと七瀬に尋ねた。璃音がいることを知らずに、七瀬は特別な感情はないと言った。

その後、先輩がずっと好きだったから付き合ってほしいと告白をする。璃音は七瀬の答えを聞くのが怖くて、その場を走り去る。


雨が降ってきたが、璃音はびしょぬれのまま歩いていた。アネラが心配し家に帰ろうと言うが、璃音はアネラに八つ当たりをしてしまいアネラはいなくなってしまう。

慌てた璃音はアネラを探そうとしたが、車にひかれそうになって意識を失って倒れてしまう。次に気が付いたとき、イラロ文明時代のアネラの中にいた。カノアに璃音は思いを伝えようとするが、、


この作品は小説『守護霊にダメ出しされて恋することになりました』をシナリオ化したものです。

https://maho.jp/works/15591074771453329889