夜 顔  (夕暮れの思い出)

作者蓮華

『ねぇ!あんた強い?』
怖い者知らずだったわたしが声を掛けたのは黒を纏った高校生!
『わたしに喧嘩の仕方教えて!!』

生きて行く為に強くなりたかった。
誰も信じられない、信じちゃいけない
自分の身は自分で守らなきゃいけない
だから
強くならなきゃ生きて行けなかった。


『ねぇ、あんた強い?』





   『ねぇ!あんた強い?』




 怖い者知らずだったわたしが声を掛けたのは


  黒を纏った高校生!




   『わたしに喧嘩の仕方教えて!!』




 生きて行く為に強くなりたかった。




  誰も信じられない!


   誰も信じちゃいけない!



 自分の身は自分で守らなきゃいけない。





 だから


  強くならなきゃ生きて行けなかった。





ーーーーー





   『ねぇ、あんた強い?』





 俺を怖がる事もなく


  真っ直ぐ目を見て声を掛けて来た生意気な餓鬼!





 気がついた時には・・





  『俺がお前を強くしてやる!



          俺を信じろ!』






 そう言っていた・・・・・