どんなときもご飯を食べましょう。
それを誰かと食べて、分かち合う。
それが一つのしあわせだとあなたが教えてくれた。







「...ご飯食べましょう」




それが口癖だった。




楽しいとき、嬉しいとき、悲しいとき、誰かと食べるご飯は格別で、安心した。