翼をなくした天使たち

作者平岸ガラ

高校二年生の紺野あかりは悩みもなく充実した毎日を送っていた。しかしある日、同級生の蒼井翔也に〝ここは現実じゃない゛と告げられる。最初はおかしなことばかり言う彼を信じてなかったが、あかりは徐々に忘れていた現実での出来事を思い出していく――。







もし私に翼があったなら


空を飛んで自由になりたいなんて


願わなかった。



私が願うのはただひとつ。


「こんな世界消えてしまえ」


そう思って踏み出した一歩。


その先にあったのは――。