耳がよい主人公。
聴力を極め空気の揺らぐ音で
動くものを感知出来てしまう。
長所が短所ということをまだ彼女は知らない。