オンラインゲームで人間関係構築しようとすると、ことごとく修羅場になる説。

作者師時

主人公である栗原椎香(くりはら・しいか)は、田舎から上京して理系大学に入学し、現在2年生。しかし、一浪して入学したことが彼女のコンプレックスであり、大学では親しい友達ができない。
そんな中、オンラインゲームでフレンドができ、ようやく心を開ける友達、そして自分の居場所を見つけられたと思った。
しかし…

物語全体のあらすじ(1000字程度)


主人公である栗原椎香(くりはら・しいか)は、田舎から上京して理系大学に入学し、現在2年生。しかし、一浪して入学したことが彼女のコンプレックスであり、大学では親しい友達ができない。

そんな中、オンラインゲームでフレンドができ、ようやく心を開ける友達、そして自分の居場所を見つけられたと思った。

しかし、オンラインゲームで出会う人達との関係は、ことごとくうまくいかない。そこにいたのは……現実世界で椎香が関わったことのないような、『ヤバい』人たち。



・SNSに自分のプレイしているゲームのハッシュタグとともに自撮りを貼り、男を釣って承認欲求を満たす女たち。


・「姫プ(姫プレイの略。腕前の高い男性プレイヤーに囲われながらレートを上げるプレイスタイルの人。多くは女性で、男性に守られながらプレイすること)」されたい女と、姫プすることで自己承認欲求を満たす男たち。


・勝手に女子プレイヤーの格付けを行い、派閥を作っていく男。


・「会ってくれなきゃリスカする」と迫ってくるメンヘラ男子高校生。etc...


そんな人達との関わりの中で、純粋な「居場所探し」をしていた椎香は、次第に暗黒面へと堕ちていく。