声フェチOL、異世界召喚されて推し声優そっくりな声のご主人様に愛でられてます!

作者東 城

 激推し声優【フォトジェ肉棒】のシチュエーションドラマCDが、最近の癒やしになっている普通のOL大月那央(声フェチ)。
 ある日、彼女が目を覚ますと、自室ではなくまるでお城の1室の様な豪華な部屋に移動している事に気付く。
「おはようございます。貴女は旦那様の伴侶となるべくこの世界に召喚されました」…


物語全体のあらすじ


 激推し声優【フォトジェ肉棒】のシチュエーションドラマCDを日々の癒やしにしている、至って普通の声フェチOL大月那央おおつきなお

 ある日彼女が目を覚ますと、そこは自室ではなくまるでお城の1室の様な豪華な部屋だった。


「おはようございます。貴女は旦那様の花嫁となるべくこの世界に召喚されました」


 部屋の隅に控えていた男から告げられた内容、鏡に映っている自分の姿が17歳位に若返っている事に気付き(あ、なるほどこれ夢か)と全てを受け入れるモードになる那央。

 彼女が召喚されたのは魔法文化が根付いた異世界のとある国。那央を召喚した旦那様は、この国ではそれなりな地位を持った人物なのだが、多少性癖に問題があり花嫁候補全員に逃げられてしまったらしい。苦肉の策として、異世界の人間を召喚して花嫁にすることになったそうだ。

(良くできた夢だなぁ)

 どうせ夢だと呑気にそんな事を考えながら、極度の恥ずかしがり屋だという旦那様に会う為に目隠しをして部屋を移動する。

 旦那様の部屋に辿り着き扉が閉まった瞬間、大柄な何者かに抱きしめられ思わず悲鳴を上げる那央。

「すまない、どうかそのままで」

「?!」

 そっと耳元で囁く声は、激推し声優フォトジェ肉棒そっくりの低音ボイス。

 動揺した那央は、そのままいつもお世話になっているドラマCDよろしく目隠しをされたまま甘く優しく抱かれてしまう。


 イイ夢だったな~と意識を手放した那央が次に目を覚ますと、そこはまたもや自室ではない豪華な部屋。ようやく本当に異世界に召喚された事を実感する那央。

 見ず知らずの男の花嫁になることに最初は抵抗を感じたものの、仕事もしないで済むし身の回りのお世話は全部やってもらえるし既に1回抱かれてしまったし旦那様激推し声優にそっくりな声だし抱かれる時はめちゃくちゃ優しいし、あれ? めちゃくちゃ快適じゃね? とすぐに状況を受け入れる那央。

 なんだかんだと数ヶ月が経ち、コミュニケーションを重ね打ち解け始める那央と旦那様。しかし、旦那様は一向に会う時の目隠しを外す事を許してくれない。

――なんだか寂しい。

 ある時、そう那央が呟くと旦那様は少し考えた後、

「1ヶ月後までに、屋敷の何処かに隠れている僕を見つけられたら目隠しは外す事にしよう」

 と約束をする。

 こうして、那央の旦那様大捜索作戦が始まった!