岸田香澄、16歳。
この春、大好きな母・真澄と同じ高校に晴れて入学。

香澄には真澄の代わりに優等生として高校を卒業する、という目標があった。
でも、その学校には思い出の男の子・冬馬がいて、冬馬との出会いが香澄を思わぬ真実へと導いていく――。

家族、友達、好きな人。
それぞれの関係性の狭間で苦し…




家族、友達、好きな人。



大切な人は、いますか?