生まれつき音符を掴まえることのできる花宮はるかはアンサンブル部に所属する高校一年生で、まっとうに演奏できないあがり症。選考会で恥をかいたのち、学校の屋上で不思議な男子生徒と出会う。彼は言う。
「君の音色は、世界を描く――」
 はるかのメロディが、今、解き放たれる。