祈りの歌を捧げるために生まれた、遊牧民の少女ニキ。
数百年前まで、彼らは一帯を支配する王朝を築いていたが、内乱により多数の犠牲を出した上で終焉を迎えた。

ある夜、旧王朝と最後をともにした神子の墓があばかれ、同時に犠牲となった市民たちの怨念が噴きだす。
同じ夜に死者を弔う歌を詠唱していたニキは、そ…