傲慢悪役令嬢は、優等生になりましたので

作者夕立悠理

相川立花(あいかわりつか)は、後悔していた。彼女は、婚約者に近づいた庶民の少女をいじめたおした。その結果、婚約者から関係を解消されただけでなく、実家は没落。
──もう一度チャンスをもらえるなら、もう二度とこんな真似はしないから。
そう誓って眠った翌日、彼女の時間は、婚約者に近づいた少女が転入してく…

 あなたのことが、好きだった。


 好きだったら、何をしてもいいと思っていた。







 これは傲慢だった私が変わる物語。