無駄に召喚されたのに、元の世界に帰れません

作者夏雲桔梗

この作品は「無駄に召喚されたのに、元の世界に帰れません」をシナリオ化したものです。

https://maho.jp/works/15591074771453413834

物語全体のあらすじ

どこにでもいる社会人の主人公。

仕事帰りにスーパーのセールに向かう途中、突然歩道の白線に吸い込まれる…


物語全体のあらすじ


どこにでもいる社会人の主人公。


仕事帰りにスーパーのセールに向かう途中、突然歩道の白線に吸い込まれるように落ちていく。


目を開けた先は宮殿の広間のような別世界。すぐそばにいたのは酔って寝ている男が2人。


豊かな自然と魔法を万人が扱うトゥールギリア国、この国の第八王子アランとこの国随一魔術師でもあるジオラルドが酔った勢いで、特に意味もなく無駄に召喚されたのだった。


帰ろうにも魔力を使い果たして眠るジオラルドが起きるまではどうしようもないと言われ、老紳士の執事タガリや幼女メイドのミリルに頼んで王宮で働く事に。


周りの人に助けられながら日々を過ごし、ようやく魔術師ジオラルドが目覚めたが、帰る方法は分からないと告げられる。


ジオラルドさえ起きればすぐに帰れるだろうと考えて、明るく振っていた主人公だが、元の世界に帰れないという残酷な現実に不安で心が押し潰されそうになった時、騎士ラステールに励まされ帰る方法が見つかるまで、とにかく働いて生きていこうと決意を固める。


そんな懸命な主人公の姿にラステールはいつしか目が離さなくなっていた。


そんなそんなある日、主人公はある光景を目の当たりにし、アランの秘めた想いを知る事になる。