この作品は「『最後の日記』BIRTHDAY~君の声~」をシナリオ化したものです。
https://maho.jp/works/15591074771453306645

      物語全体のあらすじ


あの日の

笑顔を

手紙を

読んで思い出す

叶えたい願いが

伝えたい想いが

たとえ届かなかったとしても


そうして僕は静かに目を閉じた……

~~~~〜〜

〈本当の最後の日記を読んだ時、あなたに届く暗号のメッセージ〉


最後の七夕、すれ違う二人の奇跡の約束……現在過去未来が繋がり気付いた不思議な声と日記の秘密、伝えたかった暗号の想いとは?


昔、誰かに歌って欲しくて作った歌や、ある日見た夢、実際にあった出来事などをヒントに生まれた小説『最後の日記』……のシナリオ版。


回が進むごとにプロローグや題名、さり気ない言葉の本当の意味に気付く、

〈誰も知らないある歌と、様々な奇跡の出会いから生まれた『明日あすへの希望』の物語〉


〜〜〜〜〜〜

主人公は春香はるかと3歳年下の悠希はるき

二人は介護事業所の従業員と所長の息子として出会い、素直になれない関係ながらも誕生日が刻まれたお揃いのクマのぬいぐるみをずっと持っていた。

会えなくなる二人の象徴のような誕生日プレゼント……

悠希の誕生日は七夕だった。


『君の声編』では、別の人物と結婚した春香が大掃除で日記と退職時に貰った悠希のクマを見つけて「もう一度会いたい」と願い、二人きりの雨の夜に戻る場面から始まる。

聞こえた不思議な声……出会いからこれまでの回想の中で気付いた声の主と不思議なデジャヴの真実……

会えない未来を知った春香は、もう一度だけタイムリープし、奇跡のような約束をする。

約束の日、春香が渡したかった物、日記の暗号にも残した伝えたかった言葉とは?


『最後の日記編』は日記を読む悠希視点の物語……

抱えていた想いを知り涙を流す悠希は隠された最後の日記のページを見つける。

不思議な声の本当の正体、全ての真実、暗号の想いを知った悠希が渡したかった物、ずっと言えなかった言葉とは?


『追憶編』は約束をしに戻った日から8年後……

若年性認知症の可能性があると診断され全てを諦めようとした時、偶然聞こえた誰も知らないはずの歌をなぜか知っている春香の過去の回想から出会いの裏側、日記や名前、ある歌に隠された秘密が明らかになる。


『リクエスト番外編』では過去のある真実、誕生日や名前、場所の奇跡も明かされ全ての話が繋がっていく……


この作品は「『最後の日記』BIRTHDAY~君の声~」をシナリオ化したものです。

https://maho.jp/works/15591074771453306645