主人公の姫李は子供の頃から独占欲が強く親や周りの人を困らせていた。

しかし子供のわがままなんてある程度年月が経てば落ち着きものと誰もが思っていたが姫李は違った。

遊ぶのも1番、可愛いのも1番、愛されるのも1番じゃないと気が済まない。

成長し、物心がついてきて初恋をする。

最初は相手も嬉しくて姫李に付き合っていたが数か月たちだんだん恋人ごっこに飽きてきて姫李を相手しなくなっていった。

姫李はそのことが気に食わなくずっと一緒に居られるためにあらゆる手段を使った。



ひーちゃんが好きなもの 小説↓

https://maho.jp/works/15591074771453478569