スレートグレーの言い訳

作者丸井とまと

両親を事故で亡くし、義母の兄から「うちにおいで」と言われた女子高生の小夜は、新條家を尋ねる。けれどそこにいたのは、義母の弟であり、小夜の中学時代の担任の新條涼だった。思わぬ再会から始まる、秘密と手放せない過去、そして彼らが言い訳をやめるまでの話。




同居人は、元担任でした。


秘密と手放せない過去、そして彼らが言い訳をやめるまでの話。








血なんて一滴も繋がっていない親戚の家を訪ねた日。


私の歪な世界が、ゆっくりと形を変え始めた。




ねえ、せんせい。


ごめんね。本当は近づいたらいけなかった。




だけど今日も私は言い訳を探してしまう。