その日、自殺したはずの桐谷沙織は、見知らぬ街に立っていた。

その世界は、並行世界。つまり、パラレルワールドだった。
 
生前、ろくでもない人生を送っていた桐谷沙織は、そのパラレルワールドにて、「幸せな人生」を送る自身を発見する。

そして、決意した。

「殺そう…。この世界の桐谷沙織を…」

幸…