アインの伝説(シナリオ投稿)


① 表紙


■物語全体のあらすじ(1,000字程度)

 大人気ゲームの世界へと前世の記憶をもって転生したアイン。このゲームはチュートリアル期間にレベルを上げつつスキルを身に付けることで、その後の神殿での洗礼で授かるジョブが決まり、以降はそのジョブだけが成長し、出会った仲間とともに魔王を倒すというある意味では育成ゲームとRPGを合わせたようなVRゲームだった。

 村から見える霊峰の名を知って、ここが思春期にドはまりしたゲームの世界だと気づいたアインは、ゲームで身に付けたプレーヤースキルを駆使してレベルを上げ、いつか起きる魔王による魔族と魔物の侵攻に備えようと決意する。しかし、ステータスは最低で、武器は補正値が最低の木の枝だけで、防具もアイテムもなしのないないづくし。まともに戦えない状態だった・・・。

 苦戦しつつも1頭のフォルテボアを倒し、レベルアップしたアイン。ステータスが向上したアインは、以降はゲームで身に付けたプレーヤースキルを駆使して、予備動作が馴染んでいるいくつかの系統の物理攻撃スキルと、呪文を覚えていた魔法攻撃スキルを習得して、万能型の魔法剣士を目指す。ところが、村近辺の森の魔物をアインが狩り尽していたことが原因となって、森の奥まで入った村の猟師がエリアボスであるフォルテベアスを村までトレインしてしまう。村が大ピンチ! アインは家を抜け出し、村長さんや父ちゃんが戦っている現場へ走る・・・。

 フォルテベアスを倒したことで、村長さんや猟師さんにその力を知られたアイン。しかし、それを秘密とする約束を勝ち取り、猟師さんたちの強化に取り組む。その副産物として、入手できる肉や薬草が増加した村はどんどん豊かになる。そんな中、森の奥でアインは一人の少女に出会う。少女のおでこには小さなツノが・・・彼女は魔族だった・・・。

 魔族の少女の危機を救い、無事に村へと帰ったアイン。このまま平和に過ごせるのでは、と考えていたアインの村へ、魔物に村が滅ぼされたと人々が避難してくる。その中に、金髪碧眼の美少年、ゲームの主人公でもある確定「勇者」のレオンが! レオンは、村が滅びたショックで一切しゃべらない子になっていた。

 レオンがやってきたことで、魔王の侵攻を信じるアイン。そして、とうとうアインの村に魔族と魔物がやってくる。姉ちゃんたちを守ろうと魔族と全力で戦うアイン。しかし、最後の大技でスタミナ切れを起こし、意識を失って倒れるのだった・・・・・・。


■(小説作品のシナリオ化の場合)元小説の作品URL

https://maho.jp/works/15591074771453204771