加西郁夫は『本当にある都市伝説』のコーナーと、八尾プロレス番をしている新人記者である。そんな加西に一通の手紙が届く。22年前に突如として出現したOSAKA・Δからの案内状だ。OSAKA・Δは大阪の街をΔ型に分断し、ほぼ壊滅状態に追いやった未知のナニカだ。科学者が総力を挙げて調査したが、何も分からな…

うむ。表紙にセンスが感じられない。元々デザインセンスなんか皆無だし。苦労してもこの程度。分かりやすいのが唯一の救いか。もし願いが叶うなら、全ての才能を兼ね備えていて、凄く体力のある漫画家さんにして欲しいです。ありゃ、これは二つだな。一つにするなら…、お金? 健康? よし、健康だ!