アイム・ラブリードール!【シナリオ】

作者恋摘もなか

このシナリオは「コミックシナリオ大賞」への応募用です。
元作品→ https://maho.jp/works/15591074771453391762

自身の体験をもとに綴った、半ノンフィクション作品。


物語全体のあらすじ


他人からどれだけ愛されているかが数値化され、全ての評価に繋がる世界。数値がゼロになると「クラッシュ」と呼ばれ、人格矯正施設へと送り込まれてしまう。この『らぶ!』制度ができた途端、爆発的に増えた職業は『アイドル』だった。

その中でもひときわ多くのらぶ!を獲得しているメンズアイドル「らぶりん」こと結城愛ゆうきラブのファン、園原恋々乃そのはらここのは、コンサートの帰り道で愛にソックリな男の子と遭遇するが、トレードマークのハートのヘアピンが外れた瞬間に彼は豹変……可愛い系とは正反対の、陰険で卑屈な荒々しい人格に変わってしまう。

なぜか自分の素性を知っていた愛に恋々乃はさらに混乱するが、二人にはとある共通点があって――


『推しアイドル』の正体がクラスの冴えない同級生、高崎優紀たかさきゆうきであることを知られた愛は、口止めの代わりに恋々乃と友達になることを強いられた。互いの『らぶ!』の数値を気にせず素でいられる相手に心を許し始める二人だが、ある日ふたりの関係性が世間にバレてしまう。全国のらぶりんファンからの「ヘイト」で「らぶ!」の数値が急激に減り、友人にも見放されクラッシュ寸前になってしまう恋々乃。


愛に迷惑をかけたくない恋々乃は、世界中が自分を忘れてくれるように、と、記憶を全て失った〝ことにした〟。

しかし、病室から見たテレビでのライブ中継で愛がヘアピンを取り、全国に本当の姿を晒し全てを話してしまう――


ヘアピンを付けると人格が変わる理由。他のメンバーや友人の明かされる過去。

愛を得るために愛することをわすれてしまった、人形のようなアイドルたち。

それらをやっと知った恋々乃は、愛と共に「本当の愛情」とは何かを模索する。


【元作品】https://maho.jp/works/15591074771453391762