父の葬式で南雲は、初めて叔父さんに出会う。一目惚れして以来、一途に思い続けるが、向こうは全く気付く気配を見せない。
そんな中叔父さんが海外への転勤を告げられ、耐えられなくなった南雲はある決心をする。
高校二年生の夏。
南雲の最大の計画が始まった。