ミナは好きな英二に処女をささげた、彼との高校最後の思い出に、、

そんなある日、仕事のミスからミナは、飲めない酒を冬子と飲み、冬子の家に泊めてもらった。
この寂しい気持ちを冬子にぶつっけた、、、

英二から突然電話がきた。
近況報告をしていたら、懐かしさから会いたくなり、
ついに会ってしまった、、…