そう遠くない近未来。機械産業の発達に伴い、世界中でアンドロイドが普及した。人間と機械が入り乱れる世界で、15歳の少年、むすびはどうしようもない虚無感に苛まれていた。と同時に通学中によく見かける銀髪の少女に密かに想いを寄せていた。
そんなある日、むすびは銀髪の少女の裸体を見てしまう。
「私、アンドロ…



白くて純粋な彼女は・・・



青い瞳の彼女は・・・




アンドロイドだった。