背中越しのさようなら

作者Soy Latte

起きたらある旅館に泊まっていた主人公。
しかし何も記憶が初めは名前もわからない状態だった。
記憶喪失の主人公は旅を決意する。