物語全体のあらすじ


ある日、小平橙子の前に現れた吸血鬼の少女エレア。橙子はエレナを保護する形で自宅へと招き入れる。

その後、四人の男(望月博斗・鑑祥平・宗方春季・大森湊太)がエレナに惹かれ、恋をすることとなる。

橙子の自宅は今ではエレナに思いを寄せる男たちの集いの場となっており、

エレナの保護者的立場にある橙子の目を気にしつつ、熾烈なエレナ争奪戦が繰り広げられている。


いつものようにエレナに会いに橙子の自宅に集まった

博斗、祥平、春季の三人(湊太は遅れて橙子の自宅にやって来る)であったが、エレナが突然姿を消してしまう。

彼らはテーブルに置かれたメモを見つけることになるが、

そこにはエレナが書いたメッセージとは別に、見知らぬ人物が書いたと思われるメッセージが残されていた。