大学生の司は友達に誘われた合コンで知り合った隼人と身体だけの関係を持つ事になる。

合コンから一年、セフレを続けている司は密かに隼人への恋心を持つようになるが遊び人の隼人へ素直な気持ちを伝える事が出来ずにいた。

そんな司の良き理解者は合コンにも参加していた隼人の友達でありバイト先の先輩である諒だ…

物語全体のあらすじ






主人公のツカサは友達の七海ナナミに誘われた合コンで知り合った隼人ハヤトと身体だけの関係を持っていた。


合コンに来た事をからかわれた司が「元カレを忘れる為」という咄嗟についた嘘をきっかけにその関係を始めたが、次第に心まで隼人に惹かれていく司。


しかし、合コンから一年、想いだけが募っていくばかりで何も進展もしない隼人との関係性に悩んでいた司だが、


身体だけなんて嫌だと思いながらも、叶わない恋ならせめて身体だけでも。

もういらないと捨てられるまでは。


と、そんな馬鹿げたことを考えながらダラダラと身体だけの関係を続けていた。



司の良き相談相手であるリョウは合コンに参加していた隼人の友達でありバイト先の先輩という、司にとって頼もしい存在だったが、そんな諒からある日思わぬ言葉を聞くことになる。



それは、「隼人が遊び人になったのは高校時代の元カノと別れてから」というものだった。



もしかしたら隼人はその元カノに未練があるのかもしれない。


そう感じた司は隼人の気持ちを探ろうとするがそれは自分を苦しめることになってしまう。



自分は隼人の気持ちを知らないフリをしてこのまま関係を続けてもいいのか。そうするべきなのか。と悩む司の前に一人の恵恵メグミという女性が現れる。


恵実もまた、叶わぬ恋をしているというが⋯⋯?




身体だけなんてわかっている。馬鹿げている事もわかっている。終わりにした方がいい事もわかっている。


だけど────、やめられない。


叶わないとわかっていてもしがみついてしまう。



そんな司を襲う衝撃の事実とは⋯⋯。





この作品は「WINE RED」をシナリオ化したものです。


https://maho.jp/works/16743963567758749745