相手の種族は問いません!

作者さと

 もう私、結婚できないんだ。
 長年片想いしていた後輩に振られ、婚活を始めてみたもののうまくいかず、気分はどん底まで落ちてしまったアラサーOL登川梢。結婚相談所で誰でもいいから私を好きになってくれる人を紹介してほしいと頼んだところ、超イケメン・天津隆進を紹介される。実は隆進は、実は人間ではなかった…

 もう私、結婚できないんだ。

 長年片想いしていた後輩に振られ、婚活を始めてみたもののうまくいかず、気分はどん底まで落ちてしまったアラサーOL登川梢。結婚相談所で誰でもいいから私を好きになってくれる人を紹介してほしいと頼んだところ、超イケメン・天津隆進を紹介される。実は隆進は、天狗だったのだ。自分のために一生懸命エスコートしてくれる彼の姿に、梢はときめいていた。

 なかなかいい雰囲気になった梢は、仕事で他社とのプロジェクトチームに選ばれる。何とそのチームに隆進がいた。バリバリ仕事する姿を見られると引かれてしまうと思った梢は複雑な気持ちになった。そんな時、同じような境遇にいた三峰史郎とも仲良くなっていき、相談できる間柄になる。しかし、その史郎も実は狼男だった。一緒に飲みに行った帰りに月を見てしまい、狼の姿に変身した史郎に襲われかけたところを隆進に助けられる。正気を取り戻した史郎に謝罪されるも、気にしないと優しく告げる梢。そんな梢に惹かれた史郎は、梢に積極的にアプローチをかける。

 しかし、隆進のことが好きだと自覚した梢は、史郎の気持ちに応えることは出来ないと伝える。そして、隆進にアプローチをかけようとするも、隆進の周りには沢山の綺麗な女性がいることに気付く。そんな女性の中でも社内のマドンナとして有名な美人の美月が隆進にデートを申し込んだという噂が聞こえてくる。それに焦った梢もおしゃれして隆進をデートに誘うのだった。

 ようやく隆進との2回目のデートができることになった梢だが、そこには史郎と美月もいた。いい雰囲気になるたび邪魔されていたが、何とか梢と隆進は2人っきりになれる。帰り際、隆進から「今度は2人で会おう」と囁かれる。


 こうして、奥手な2人の初々しい恋愛はようやく動き出したのだった。