ある大学で心理学を担当している70歳間近の非常勤講師。
何も変わらず平凡な毎日を過ごすはずだったある日、彼の前に突然謎の美女が現れ、しかも自分はある人の〇〇だと語り始めるが…




人は誰しもをつく



思ってもないような事を口にしたり

はたまた、思った事とは全く違う事を口にしたり…



皆そうやって上手く世間を渡り歩いているが、彼らは気疲れというものを知らないのだろうか?













そんな私はどうなのかって?

もちろん、私もそんな生活には疲れてうんざりしてる



だって、周りが私をそうさせたんだもん…



ずっと傍にいるから

お前だけを愛してる



なんて言葉は全部嘘

だったら最初から言わなければいい



本当の私を知ってしまった彼らは皆口を揃えて、ごめん…と私の元を去って行く