「スクナビコナ」全体のあらすじ
 
太平洋戦争末期の一九四四年、ミンダナオ島からレイテ島に上陸した歩兵第四十一連隊の鮎川隆一一等兵は、戦闘中に米兵の弾丸に負傷、海に転落した。
ところがウミガメに助けられてタイムスリップし、弥生時代のイナバの海岸に打ち上げられた。
そして、サチホコダルのアメシ族ナム…