命の恩人は凄腕薬師の河童で神様!?

作者花衣美咲

【物語全体のあらすじ】
地元の高校に通う『園田天音』は子どもの頃のある事故がきっかけで特別な力を持ってしまう。それは『人の心の声が聞こえる』というもの。この力が原因で天音は人と距離を置くようになった。その頃になると家の近所に寂れた神社を見つける天音。特に近くにある川がお気に入りだ。滅多に人が来ない…

【物語全体のあらすじ】

地元の高校に通う『園田天音』《そのだあまね》は子どもの頃のある事故がきっかけで特別な力を持ってしまう。それは『人の心の声が聞こえる』というもの。この力が原因で天音は人と距離を置くようになった。その頃になると家の近所に寂れた神社を見つける天音。特に近くにある川がお気に入りだ。滅多に人が来ないそこは天音が唯一心を落ち着けられる場所となり、一人になりたい時天音は必ずそこへ行っていた。

高校一年生の夏、天音は今日も神社へと向かう。だがこの日出会う『泉澄』《みずき》という青年により天音の人生は変わっていく。自分のことを河童でここの神社の神様だと名乗る泉澄。最初は信用出来ず警戒する天音だったが、泉澄の優しさに触れ徐々に心を開いていく。

そしていつの間にかお気に入りの場所が『一人になれる所』ではなく、『自分の素を出せる所』へと変わっていることに気付く天音。

泉澄の神友だちである『珠雨』《しゅう》という青年とも話すようになり、天音は本来の自分の明るさを取り戻しつつあった。

…だが穏やかな時間は『水月』《すいげつ》という神の出現により少しずつ崩れ始めていく。泉澄のことを一方的に嫌っている水月は、泉澄の大切なものを壊すために動き出した。穢れの影響を受け体調を崩し出す珠雨。薬師である泉澄は珠雨の看病に追われ、天音のピンチに気付いてあげられなかった。泉澄のいないうちに天音に接触していた水月。天音に自分の印を刻み神気を流し、徐々に精神を壊そうとしていた。水月から刻まれた印がどんどん進行し、身体を蝕まれていく天音。泉澄が駆け付けた時には天音は目を開けることなく横たわっている状態だった。

天音を救うためには、かつての自分の力を取り戻す必要があることを知る泉澄。だがその方法は危険で、天音の身体がもたないかもしれない…。

泉澄は天音を救うため決断を迫られることになる。