水道工事の会社に勤める志水令は、ある日、修理に赴いたポンプ室にいた謎の影に、”みづちのもり”と呼びかけられる。
それは、平安時代から続く因縁が、また繰り返される序章だった-----。

いかにか君が