日々の生活に生きる希望の見えない百鬼灰はある日、学校の窓から飛び降りて死ぬことを決意する。そんな姿をクラスメートの瀬屑光に見られてしまい「どうせなら、もっと楽しいことして確実に死のう?」と突拍子もないことを告げられる。彼女の提案はどんなものよりも甘く、苦い――彼女の秘密を知ってしまったら最後、もう…









僕らはその日



世界が終わるその瞬間まで



共に過ごすことを決めた








逃 避 行 前 夜