☆気楽荘の住人は、全員何らかの『特殊能力』を持っている。何故能力者が集まったのかは不明。その能力のせいで様々な事件を解決…。と言うより、てんやわんやの騒ぎになる…☆

☆登場人物☆

仁科明人(にしな あきひと)本編主人公。男性。二十五歳。人には言えないアルバイトで資金を貯め、ホットドッグ屋を目指…

子供の頃に、市役所によくホットドッグの屋台が来ていました。それがもの凄く美味しくて。キャベツとソーセージをコッペパンに挟んで焼いただけなんですが、病み付きになりました(マスタードもきざみ角切りの玉ねぎを炒めたのも入ってました)。アメリカではトッピングが出来るホットドッグの店が数多くあります。日本で流行らない意味が分かりません。チャンスがあればお店を持ちたいです。