僕は『殺し屋』になりたい

作者藤原ライカ

『殺し屋』は、僕の憧れの職業だ。



平凡な日々が過ぎていく



僕は刺激を求めていた。



ずっと長い間、毎日、毎日。




雨




「いつか、だれかを」



或る日、そう思って、



ナイフを手にした。