きみが死にたい夜に咲く

作者結季ななせ

「ひとがうまれて死にゆくことに、たぶん意味なんてない」







誰かが死にたい夜は

誰かが生きたがっている夜で


誰かにとっての絶望の朝は

誰かにとっての希望の朝で


でもそんな詭弁は

きっとどうだっていいことだ



⿴⿻⿸



The Flower Will Bloom When You Want to Die.